PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

QRコード決済、6割は「知らない」 利用者の半数は月1回以上利用

[画像のクリックで拡大表示]

 監査法人のトーマツがスマートフォン利用者を対象に実施した調査で、6割の回答者がQRコード決済を「知らない・初めて聞いた」と回答した。利用経験者は全体の9.1%にとどまるものの、利用者の5割以上が月1回以上利用している実態が明らかになった。

 QRコード決済とモバイル決済の利用状況について2018年5月に調査した。10代から50代まで年代と性別を均等に抽出した2000人から回答を得た。モバイル決済の利用経験がある回答者は20.0%で、QRコード決済の2倍以上だった。モバイル決済を知らない回答者は22.3%で、QRコード決済よりも認知度が高いと分かった。

 利用頻度を聞いたところ、QRコード決済経験者の約53%が「月に1~2回程度」以上の頻度と回答した。モバイル決済経験者では月1回以上が約58%だった。どちらの決済方法とも利用経験者の多くは繰り返し使っている様子が浮かび上がった。

 QRコード決済に満足していると回答した164人に魅力を聞いたところ、上位は「現金・カードを持ち歩かなくてもスマホだけで支払いできる」(36.6%)、「現金に比べて店頭での支払いが簡単でスピーディ」(32.9%)、「支払うたびにポイントがたまるなどお得」(32.9%)だった。

 トーマツは生活消費や決済手段に関する意識調査から回答者を分類し、最先端の流行に興味を持つタイプの回答者はQRコード決済とモバイル決済の利用者の割合が際立って高いと分析した。キャッシュレス社会の広がりについては、回答者全体の57%がポジティブに受け入れていると回答した。

最上位の企業は16% セキュリティ対策水準

[画像のクリックで拡大表示]

 SOMPOホールディングスグループ2社とトレンドマイクロの調査で、情報システムのセキュリティ対策レベルが最上位にある企業は16.0%にとどまると分かった。ネットワークや端末などでの技術的な対策や、体制の整備など組織的対策の25項目について調べた。10項目以下しか対策が進んでいない企業が全体の56.7%を占めた。サイバー攻撃や内部犯行への対応費用も調べたところ、社外からの通報で発覚したセキュリティ事故は対外費用が高まる傾向にあると分かった。

6割が追加請求を経験 ソフトのライセンス監査で

[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトウエアのライセンス監査に対応した企業は回答企業全体の半数に上り、そのうち6割が追加の支払いを求められたことがガートナージャパンの調査で分かった。業務用のパッケーソフトを利用する国内企業209社から回答を得た。ライセンス監査に対応した経験がある企業は50.2%だった。16.6%の企業は「対応経験はないが将来の対応を想定している」とした。監査に対応した企業のうち40.1%はライセンス追加の請求を受け、21.0%は権限追加の請求を受けた。