PR

 尼崎市のWebサイトから約1万2000人分の個人情報が流出した。サイト開発を請け負ったIT企業が見逃した脆弱性を突き、何者かが「SQLインジェクション攻撃」を仕掛けた。盗まれた情報は闇サイト「ダークWeb」に流出し、今も世界に拡散している。尼崎市はセキュリティ対策を急ぐ一方、委託先企業への損害賠償請求を検討する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い