全3409文字
PR

医療現場の負荷軽減へ縮小運用を続ける感染者情報管理システム「HER-SYS」。実は厚生労働省が約10年かけて開発を進めてきた別の感染把握システムがある。「症例情報迅速集積システム(FFHS)」と呼び、現場の負荷を極力抑えたものだ。だが厚労省はなぜかFFHSを採用せず、HER-SYSを急造する選択をした。累計50億円以上を投じたHER-SYSを含め、決定の経緯と結果の検証が必要だ。

 新型コロナウイルス対策に活用する「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」がたび重なる運用見直しに追われている。その大きな要因の1つが、国が医療機関や保健所に求める入力事務の負荷の高さだ。

 当初は患者の個人情報や症例に加え、濃厚接触の追跡に使う関連情報など約120項目の入力が必要で、1件に20~30分を要したという。医療現場から改善要望が強く、厚生労働省は2020年末に発生届と同等の数十項目に、オミクロン株で感染者が急増した2022年6月30日からは7項目と必要な入力項目を減らし続けた。しかし、桁違いに感染者が増えた第7波により、医療現場の事務負担が解消されない。政府はオミクロン株の特性も踏まえ、9月26日から感染者の全数を把握せず重症者などに絞る運用に切り替えた。

 実は、厚労省は研究予算を投じてパンデミック(世界的大流行)を想定した別のシステムも約10年前から開発させていた。「症例情報迅速集積システム(FFHS)」と呼び、集める情報を必要最小限に絞り込んだものだ。2014年度には一通りの機能を完成させ、何度も演習を実施していた。だが厚労省はFFHSを採用せず、緊急事態の中でHER-SYSを急造する。新型コロナ禍が広がりつつあった2020年2月、FFHSを新型コロナ対応に改修する指示を出していたにもかかわらずである。新型コロナ対策のIT化を指揮した厚労省の副大臣らにはFFHSの存在が伝わっていなかったことも明らかとなった。

2014年度の演習風景。以降、毎年パンデミックを想定した演習を実施していた(写真:国立保健医療科学院)
2014年度の演習風景。以降、毎年パンデミックを想定した演習を実施していた(写真:国立保健医療科学院)
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナに対応させた手書きの報告用シート。数字の記入か項目のチェックだけで済むように設計。OCR(光学文字認識)技術で迅速に取り込める(画像:国立保健医療科学院)
新型コロナに対応させた手書きの報告用シート。数字の記入か項目のチェックだけで済むように設計。OCR(光学文字認識)技術で迅速に取り込める(画像:国立保健医療科学院)
[画像のクリックで拡大表示]
図 厚生労働省の研究予算で開発した「症例情報迅速集積システム」
2014年度から本番稼働に備えて演習も実施していた