PR

 レジリエンス(回復力)という言葉を最初に知ったのは、フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(最高執行責任者)が執筆した『OPTION B(オプションビー)』を読んだときでした。夫を亡くした彼女は、日々を生き抜く中で、自分のみならず社会や子どもにも今こそレジリエンスが必要なのだと実感していきます。そしてそれは鍛えていくことさえできるのだと説きます。災害はもう非常事態ではなく、日常のこととして受け入れていくべきものでしょう。その前提に立ったとき、レジリエンスをどう鍛えておくか、特集が皆で一緒に考えるきっかけになればうれしいです。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)