PR

 「何もないから真っ先に最先端の技術を導入できる」。去年、アフリカのルワンダで現地の経営者から聞いた言葉がふと頭をよぎりました。楽天の三木谷浩史会長兼社長から今秋に参入する携帯電話事業の構想を聞いた時です。楽天は既存の通信会社とは一線を画すやり方で携帯電話システムを構築し、外部への提供も視野に入れています。まずは国内での安定運用が先決ですが、アフリカの通信会社が楽天のシステムを使う時代が来るかもしれません。(山端)

 新卒採用が佳境ですが、どの企業もAI人材の獲得に頭を悩ませています。トヨタ自動車はAI人材が集まる東京に拠点を新設し、深層学習検定の合格者の会に協賛してブースを設けるなど、なりふり構わず勧誘しています。一方、特集で紹介したAI企業の多くは海外人材に活路を見いだしています。AI人材採用の巧拙が企業の競争力を左右する時代を迎えています。(浅川)

 Windows 10について取材しました。操作感が同7に近いからといって油断はできません。半年に1度の大型更新は管理者にとっては厄介です。(清嶋)

 4月から日経FinTech編集に異動します。AIやRPA、アジャイル開発などの技術や手法が金融の新サービスをどう変えるのか。新たな媒体でウォッチを続けます。(田中淳)

 「部員全員に読ませています」。読者のお一人が私の記事に寄せてくださったコメントは記者人生の宝物になりました。4月から日経ビジネス編集に移ります。ありがとうございました。(竹居)

 日本経済新聞社へ出向します。日本企業のデジタル変革はまさにこれから。今後もITによるビジネス推進に役立つ情報提供ができればと思います。(井原)

 日経ものづくりに異動します。日経コンピュータには2017年4月から2年間ほど所属しました。IT分野の取材経験を生かしつつ、製造業の皆様に情報をお届けします。(斉藤)

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]