PR

 特集で紹介した日本航空(JAL)の旅客系基幹システム刷新。責任者の西畑智博執行役員は「携わった社員たちの成長も大事なミッションだった」と語ります。実際、メンバーの1人は取材で「入社以来ずっと携わってきたJALCOMの運用終了に携わるのは複雑だったが、新システムに自分で命を吹き込めるのは光栄だと考えを変えた」と話しました。IT畑出身でないのにITスキル標準をマスターした人、海外とのやり取りでTOEIC900点超になった人もいるとのこと。社員の成長という点でもプロジェクトの意義は大きそうです。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料