PR

 特集で政府公文書の電子化の取り組みを改めて検証しました。森友問題では政府の文書管理システムに登録されていた文書でさえ財務省が開示を遅らせていた場面がありました。有識者の間では公文書の改ざんや隠ぺいを難しくするため公文書管理にブロックチェーンを活用するアイデアが議論され始めています。文書の属性や決裁状況などのメタ情報を改ざんできない記録として保管し、外部からも文書の書き起こしから決裁過程までを検証可能にする狙いです。現在の文書管理システムを官僚たちが正しく運用し、正確な情報開示に生かしていれば、こんな議論は不要なはずです。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)