PR

 RPAの特集記事で先進企業14社を取材しました。取材した企業の業種の多様さが印象に残りました。RPAの導入は金融業で進んでいますが、取材した企業は金融業に加えて、商社、製造、物流、百貨店、食品スーパーと多彩です。製造業に絞ると重機、重電、住宅設備、繊維、たばこ、複合機など手掛ける製品は各社様々でした。「どんな企業にも業務の現場に決まった手順で繰り返すPC作業が潜んでいる。製造業の工場もRPAを存分に活用できる」と気付かされました。(西村)

 ウェザーテック特集を担当しました。雨が降ったらタクシーを呼んだり、気温が下がるとおでんが食べたくなったり。私たちは日々天気の影響を受けています。気象データ活用が進み、企業も消費者行動の変化に先回りして準備できるようになってきました。一方、天気自体は人間の力ではどうにも変えられない事象です。それでも天気に柔軟に対応する―。大げさかもしれませんが「人間の強さ」を取材を通じて見た気がしました。(田中)

 「いいIT人材を採ろうとすると必ずメルカリさんとぶつかるんですよね」。ネット企業の人事担当者から、こんなぼやきを聞く機会が増えています。優れたIT人材は業種を問わず引っ張りだこですが、とりわけメルカリは貪欲なようです。ただ、急拡大のひずみが無理な事業拡大につながり、停滞してしまったネット企業は少なくありません。世界を目指すとするメルカリの先行きは、日本のテック企業の指針でもあります。(玉置)

 基幹系システムのインフラのクラウド移行はまだ進んでいません。最大の理由は「移行して大丈夫なのか」と考えるユーザー企業がまだまだ多いから、と言われています。今回取り上げた住信SBIネット銀行のように、実際のサービスを利用しながら懸念点を検証できるのもクラウドのメリットです。悩むならば取りあえず使ってみる時代だと実感しました。(島田)

訂正:2019年5月16日号12ページの「comやjpなど」は「comなど」の誤りです。同31ページのランキング表「74」位は正しくは「75」で以降1位ずつ繰り下げます。お詫びして訂正します。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]