PR

 売却されて親会社が変わっても元々の親会社の名前を持ち続けるシステム子会社があります。その1 社が東京証券取引所のシステムを担う東証コンピュータシステム。最初の親会社はもちろん東証で、2番めは東証から株式を取得したプライムシステム(当時)。3番めは富士ソフトで、同社が現在の親会社です。親会社が変わっても「東証」のままの方が客先では覚えてもらいやすいとのこと。得になるなら親会社の名前を使い続けるくらいの気構えが、売られたシステム子会社には必要なのかもしれません。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)