PR

 Pythonの人気は書店のコンピューター書コーナーに行くと実感できます。平積みされている書籍を眺めると、体感で6~7割くらいはPython関連です。AIやデータ分析の高度な内容を扱った本から、超初心者向けの易しい本まで多彩にあります。筆者も何冊か購入してみました。17年ぶりにプログラミングを楽しんでみたいと思います。(白井)

 Python特集の一環で久しぶりにプログラムを書きました。記事でも触れたように、変数の型宣言や細かな関数の定義などを省けるので、とても簡単な印象です。趣味にも適した言語だと思いました。(清嶋)

 小学生の頃にBASICに触れ、続いてアセンブラー、Cと偏った遍歴をたどった私にとっては、BASICに代わる教育用言語を起源とするPythonにある種の懐かしさを覚えます。コンパイルなしに即実行できるインタープリター、1行ごとに結果を表示する対話型機能が、パソコンを前に試行錯誤した子供時代を思い出させてくれます。(浅川)

 東京ディズニーリゾート・アプリ」にはグッズの通販機能がありますが、購入できるのは来場者のみ。さらに入園当日の23時半までしか注文できません。「パーク体験の価値向上」というアプリの位置付けを象徴していると感じました。(八木)

 テーマパークの醍醐味は「非日常」を味わえる点だと思います。顔認証システムやAI、ARで来場者の体験はより日常を忘れられる、充実したものへ進化していました。最近はなかなか行けずにいましたが、久々に家族を連れてまた行ってみようと思いました。(増田)

 英語を学ぶため、寝る前に我が家のスマートスピーカー「Amazon Echo」に洋書を読んでもらっています。日本でAmazon Echoが英語学習によく使われることは担当のシニアバイスプレジデントも把握しており、さらなる「Skill」の開発がありそうです。(外薗)

訂正:2019年6月13日号57ページでJAL Innovation Labを2018年「5月」開設としましたが正しくは「4月」です。おわびして訂正します。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]