PR

 特集1のVRに特集2の自動運転。異なるテーマで異なる業界を取材してきましたが、根底にある問題意識は取材した各社とも共通であるように感じました。業界の維持・成長の原動力として重要なピースである働き手の確保の問題が、中長期的なイシューではなく既に現実のものとなっているという切迫した危機感です。少し前までVRや自動運転に対して、まだ社会全体に様子見ムードが漂っていると思っていましたが、この2~3年で取り組みの本気度が大きく変わり、普及も急速に進みそうだと感じました。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い