全4800文字

テレワークでは部下の状況をつぶさに把握するのが難しい。そのためオフィスとは異なるマネジメント方法が求められる。特に注意が必要なのはサポートやケアが不可欠な若手だ。行き詰まったとき、在宅勤務で周りに相談できず、孤立しやすい。現場の上司は若手をどうマネジメントすればよいのか。現場取材から見えた解決法を紹介する。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスの感染拡大はいまだ収束する気配がなく、今後も在宅勤務を中心としたテレワークは続くとみられている。ITの現場のマネジャーやリーダー(以下、上司)は部下の状況をリモートで把握し、業務を進めなければならない。

 しかしテレワークではオフィスよりも部下の様子を把握するのが難しい。人事コンサルタントでテレワークのマネジメントに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズの武藤久美子シニアコンサルタント/主任研究員は「テレワークになると、オフィスでは“できる上司”だった人の得意技が使えないことがある」と説明する。

 オフィスでは、部下がきちんと業務を進めているか、体調はどうかといったことを、日ごろの雑談や顔色から把握できた。部下の機微を感じ取り、いち早く問題を察知して対策を講じる。そんなマネジメント方法が機能した。

 しかしテレワークではそうはいかない。ビデオ会議などでコミュニケーションは取れるが、オフィスでの対面の打ち合わせのように部下の様子を詳しく把握するのは困難だ。

 テレワークでは若手に対してどんなマネジメントが有効なのか。特に難しい「タスク管理とストレス把握」「相談しやすい雰囲気づくり」という2つの課題について、現場の工夫を解説する。