全6423文字
PR

ESG(環境・社会・企業統治)に対する関心が世界的に高まっている。ESG関連情報を開示するための国際的な基準作りも進む。国を越えて企業の取り組みを比較できるようにするためだ。ESG関連データの収集・管理や活用はもはや待ったなし。ITを駆使したデータ管理の先進事例から対応のポイントを学ぶ。

(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 企業が投資家などに提供するESG(環境・社会・企業統治)関連情報の開示基準が乱立気味の現状に、一石を投じる動きになりそうだ。国際会計基準(IFRS)を策定する英IFRS財団が2022年3月31日、気候関連リスクなど非財務情報の開示基準を記した草案を公開した。国際会計基準と同様に事実上の世界標準となる公算が大きい。

 IFRS財団の新基準が事実上の標準になれば、投資家などは企業の取り組みを統一の指標で比較しやすくなる。

英IFRS財団が公開した非財務情報の開示基準の草案
英IFRS財団が公開した非財務情報の開示基準の草案
[画像のクリックで拡大表示]
図 英IFRS財団の非財務情報の国際開示基準策定をめぐる経緯と予定
図 英IFRS財団の非財務情報の国際開示基準策定をめぐる経緯と予定
2022年内にも最終基準が登場へ
[画像のクリックで拡大表示]