全4129文字
PR
無料セミナー
接触確認アプリ、本当に使う?~公益のための個人データ活用とは 6/8 18時

アパレルや靴などのファッション商品でもネット通販が浸透し、店舗は存在意義を問われるようになった。デジタルを駆使して店舗の魅力を高める必要に迫られている。店舗での新しい売り方を模索する、青山商事とエービーシー・マートの取り組みを追った。

青山商事
店舗に大型タッチパネル 1000万点の在庫を扱う

 「ネイビーのスーツでしたらこのようなストライプ柄もございます」「もう少しカジュアルなタイプがご希望でしたらこちらのスーツはいかがでしょうか」。スーツ店の販売スタッフが店内の大型タッチパネルを操作しながら来店客に商品を提案していく――。紳士服最大手の青山商事が運営する新型店舗「デジタル・ラボ」での接客の様子である。

 デジタル・ラボは試着によるサイズ確認ができる「実店舗」と品ぞろえが豊富な「ネット通販」のいいとこ取りを目指した新型の店舗だ。店内に大型タッチパネルを複数配置し、青山商事のネット通販と全国約800店舗(通常店舗とデジタル・ラボの合計)の商品在庫を扱う。総在庫数は1000万点以上に上るという。

[画像のクリックで拡大表示]
青山商事の新型店舗「デジタル・ラボ」では販売スタッフが大型タッチパネルで来店客の好みの商品を探す。デジタル・ラボは2019年11月時点で38店舗を展開する
青山商事の新型店舗「デジタル・ラボ」では販売スタッフが大型タッチパネルで来店客の好みの商品を探す。デジタル・ラボは2019年11月時点で38店舗を展開する
[画像のクリックで拡大表示]

 店舗では来店客に試着してもらいサイズを確かめたうえで注文を受ける。店舗に在庫が無い商品については物流センターや他店舗の在庫を引き当てサイズを補正して自宅に送る仕組みだ。

 青山商事の星川敦EC事業部長は「店舗とネット通販を連動させることで、小型店舗でも大型店舗並みの品ぞろえを実現できる」とデジタル・ラボを立ち上げた狙いを説明する。スーツは一般にA体、Y体、AB体、B体といった体形に合わせた型に加え、4号、5号、6号といった大きさの2種のサイズがある。スーツの品番(ここではサイズを含まないアイテム種別)ごとにサイズ違いで10~20着を用意する必要があり、カジュアル衣料と比べて在庫管理が難しいとされる。