全4194文字
PR

自動車の試乗、化粧品の試用、不動産の下見――。現地で現物を見て試して購入するのが当たり前だった商品を、オンラインで買えるようにするサービスが相次ぎ登場している。新型コロナ禍でオンラインのやり取りが浸透したのを追い風に、企業は新たなビジネスモデルと顧客接点づくりに挑む。「ノールック」の商売は顧客の心をつかめるか。

(写真提供:花王(化粧品販売)、写真:123RF(マンション)、イラスト:Getty Images)
(写真提供:花王(化粧品販売)、写真:123RF(マンション)、イラスト:Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 Webサイト上で車種を選び、オプション装備を付け、自動車保険を見積もって購入契約を済ませる。納車までマイカーには一切対面しない――。自動車大手ホンダが、こんな買い方を打ち出した。2021年10月に開始した新車オンラインストア「Honda ON」だ。

 「新型コロナ禍での購買行動の多様化に対応できるサービスだ。若い世代の車離れという課題も解決したい。スマートフォンを介して車を身近に感じてほしい」。ホンダセールスオペレーションジャパン営業部オンライン販売課の井上喜章主任は、こう狙いを語る。

 Honda ONの主なターゲットは30代以下の若い世代やあまり車になじみがない人、興味はあるがディーラーに足を運ぶのはハードルが高いと感じている層だ。対象車種は軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、SUV(多目的スポーツ車)から人気車種を用意した。車につけるオプション装備もホンダが推薦した中から選ぶ形とした。

 月額料金制のサブスクリプションサービスとして提供する。Honda ONの契約形態はリースだが、利用者はHonda ONから通常の買い取り契約に切り替えることもできる。今後、Honda ONの契約形態に買い取りを追加する可能性もあるという。井上主任はサブスクとした理由について「車は詳細なオプションなどを考え始めると買い方の選択肢が多くなる。自動車税、メンテナンス費用などを全て含む月額制にして複雑さを回避できる形が、スマホでの購買行動に最適だ」とした。

図 ホンダの新車オンラインストア「Honda ON」の購入プロセス
図 ホンダの新車オンラインストア「Honda ON」の購入プロセス
納車前のプロセスをオンライン化(画像提供:ホンダセールスオペレーションジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]