全1132文字

 米マイクロソフトが「カオスエンジニアリング」の分野に参入した。クラウドで疑似障害を発生させ、システムの耐障害性や回復性をテストする。「Kubernetes」環境で稼働するアプリケーションを主な対象とする。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!