全1158文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

足利銀行で2020年1月6日にATMが一部で止まるトラブルが発生した。勘定系システムの切り替えを終えた、稼働初日のことだった。原因はATMで通帳に記帳する際のページめくり機能のバグにあった。

写真 群馬県桐生市内にある足利銀行の店舗
写真 群馬県桐生市内にある足利銀行の店舗
(出所:足利銀行)
[画像のクリックで拡大表示]

 足利銀行のATMトラブルは、磁気型のキャッシュカードと通帳の両方をATMで使い、通帳に記帳する際にページめくりが発生するケースで起こった。ATMは通帳を取り込んだまま停止し、上部や画面に取引中止のメッセージを出した。こうなるとATMを手動で復旧するしかない。

 IC型のキャッシュカードと通帳を使ったATM取引では問題は生じなかった。ただ混乱を避けるため、足利銀は1月6日の午前10時からATMでの通帳利用を全面的に取りやめ、窓口対応に切り替えた。

カードと通帳で異なる口座番号

 足利銀は現在も磁気型キャッシュカードを発行しており、口座開設時に利用者に磁気型かIC型かを選んでもらっている。IC型は通帳とカードの口座番号は同じだが、磁気型は導入時期が古いため通帳とカードで口座番号が異なる。具体的にはカードの口座番号は「通帳の口座番号」の下一桁に1を足した数字になる。

 例えば通帳の口座番号が「1234567」なら、磁気型キャッシュカードの口座番号は「1234568」となる。通帳の口座番号下一桁が「9」の場合は、キャッシュカードの口座番号の末尾は「0」になり繰り上がりはしない。「口座番号の下一桁はチェックデジットや口座番号を間違えた取引を検知しやすくするために、余裕を持って開けて使っている」(総合企画部)。

 新しい勘定系システムはこの仕様を想定して、ATM用のプログラムを開発した。ATMが磁気型キャッシュカードと通帳の口座番号をそれぞれ読み取り、下一桁が連番になっていれば同一人物のものと判定する。

 ただ記帳時にページめくりが発生する場合に、上記のロジックが抜けていた。このため「キャッシュカードと通帳の口座番号が違うとして、異常な取引と判定した」(同)結果、プログラムがATMでの取引を止めて手動復旧が必要な状態に移行させたという。

 足利銀は新しい勘定系システムに、三菱UFJ銀行の勘定系システムを基にカスタマイズした「Chance地銀共同化システム」を採用した。三菱UFJ銀行の勘定系システムを開発した日本IBMにカスタマイズ開発や保守運用を委託している。

 実際の開発や運用を担うのは日本IBMから再委託された地銀ITソリューション(RBITS)だ。RBITSは日本IBMや三菱UFJ銀行、Chance地銀共同化システムを使う百十四銀行など5つの地方銀行などが共同で設立した。今回の足利銀向けのカスタマイズ開発もRBITSが足利銀の情報システム部門と共同で進めた。ここでのカスタマイズ開発でバグが混入したとみられる。