全1232文字
PR

NECは米プロジェクトマネジメント協会(PMI)と戦略提携を結んだ。PMIが提供するアジャイル開発の推進などに役立つ知識体系を活用し、システム開発のコンサルティングや資格認定研修といった事業を展開する。

 NECとPMIによると、この知識体系「Disciplined Agile(ディシプリンド・アジャイル、DA)」に関する戦略提携はアジア・太平洋地域では初めて。DX(デジタルトランスフォーメーション)推進のためにアジャイル開発を導入する企業や、意思決定など企業活動全体のアジリティー(俊敏性)を高めようとする企業に向け、NECはDAを活用して支援する。

図 PMIが提供する「DA Browser」の画面
図 PMIが提供する「DA Browser」の画面
企業活動にもアジャイルの考え方を適用する(画像出所:PMI)
[画像のクリックで拡大表示]

 DAとは何か。PMIのベン・ブリーン アジア太平洋地区マネージングディレクター建設部門グローバル責任者は、「企業が自社の状況に最適なアジャイルのプラクティス(実践ノウハウ)を選ぶために役立つツールキットだ」と説明する。

 アジャイル開発にはスクラムやエクストリームプログラミング、カンバン、SAFe(Scaled Agile Framework)など様々なフレームワークが存在する。DAはこれらの手法のプラクティスを、業務目的や組織の規模、契約条件といった状況に応じて効果的に組み合わせる方法を紹介する「指南書」のようなものだとする。

 各種フレームワークのプラクティスを開発過程のどのタイミングで、どれを活用するとよいかを判断するのは難しい。DAを参照すれば、自身の状況に最適なフレームワークやプラクティスを組み合わせて使いやすくなる。

 DAの内容は、PMIが提供するサービス「DA Browser」から確認できる。トヨタ生産方式のような現場改善手法や新規事業の企画、システムやサービスのライフサイクル管理などに役立つ手法も幅広く盛り込んでいる。「経営層や事業部門など企業全体の活動にもアジャイルの考え方を適用できる」とPMIのブリーン氏は話す。

特定手法ではニーズに応えきれない

 この特徴にNECは注目した。DXに取り組む顧客を支援する上では、ソフト開発だけでなく企業全体のアジリティーを高める提案が必要になる。しかし「特定のフレームワークだけでは顧客企業のニーズに応えきれない」(NECの福岡俊一SI事業推進統括執行役員)という課題があった。

 例えば、小規模な開発プロジェクトにスクラムを採用して成果が出たとしても、大規模な案件だと壁にぶつかりやすい。スクラムのプラクティスだけでは解決できないガバナンスなどの問題が出てくるためだ。こうした課題を解決できるのがDAだという。

 NECは自社でもDAを活用する考えだ。各事業部門にアジャイル推進チームを立ち上げ、DAがカバーする手法を取り入れる。プロジェクトの立ち上げを支援するメンバー(アジャイルリード)を配置し、部門ごとに自律的な変革を促すとしている。同時にDAの資格を保有するアジャイル人材の育成強化に取り組む。2025年までに800人規模へ増やす方針だ。