PR

北海道全域で電力供給が止まる「ブラックアウト」が起きた。一時は、北海道内のほぼ全世帯に当たる295万戸で停電が発生した。ブラックアウトの発生は「9電力体制」のスタート以来、国内初だ。

地震で停電したままの札幌市中心部=6日午後6時38分(出所:共同通信イメージズ)
地震で停電したままの札幌市中心部=6日午後6時38分(出所:共同通信イメージズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 まさか日本で「ブラックアウト」が起きるとは―。9月6日午前3時8分頃、北海道で最大震度7の地震が発生。一部の発電所が停止したのを機に、エリア全域で連鎖的に電力供給が止まる「ブラックアウト」が起きた。一時は北海道内のほぼ全世帯に当たる295万戸が停電した。

 東日本大震災で東京電力・福島第1原子力発電所事故が発生し、津波で太平洋沿岸部の発電所が相次ぎ被災した時でさえ、ブラックアウトは起こらなかった。なぜ今回は起こったのか。原因を端的に言えば、北海道電力の苫東厚真火力発電所(厚真町)への一極集中にあった。

 苫東厚真は石炭火力発電所だ。3機合計で定格出力は165万キロワットと道内最大規模を誇る。北海道電力によると、地震発生時に、道内の電力需要310万キロワットの約半分を苫東厚真が賄っていたという。

 電気は貯めることができない。常に需要(電力の使用量)と供給(発電量)を一致させておく必要がある。今回のように、需要は変わらないのに供給が減ると、過負荷の状態となり、周波数が低下する。

 周波数の低下は、停電発生を意味する。各変電所に設置してある周波数低下防止装置が、周波数が一定値以下になったことを検知すると、停電が他の地域に広がらないように系統を遮断する。停電しているところに電気が流れると通電事故が発生したり、設備が損傷したりするためだ。一方、発電所も周波数の低下を検知すると、施設の損傷を防ぐため自動で停止し、系統から自らを切り離す。

 震源地の近くに立地する苫東厚真は、かなり揺れたはずだ。地震発生直後に2機が停止し、18分後に残る1機も停止。その瞬間に道内の電力供給量は一気に半分近くに落ち込み、周波数が急激に低下した。

 こうして苫東厚真の周辺部から、周波数の低下は徐々に道内に広がった。いくら系統を遮断しても、需給のバランスは取れず、ドミノ倒しのように停電エリアが広がっていった。同時に、他の地域の発電所も連鎖的に停止した。こうして、北海道はブラックアウトしたのだ。

停電解消も、供給不足は続く

 北海道電力は復旧作業を急ピッチで進めた。まず水力発電を再稼働させ、その電気を使って、停止した発電所を動かし始めた。6日午後には砂川発電所(砂川市)が稼働、旭川エリアの一部で停電が解消した。その後も複数の発電所を稼働させた結果、7日午前に約5割の世帯で停電が解消。11日までに数百戸を除き電力供給を再開した。

 とはいえ、苫東厚真を復旧させないことには供給力不足は解消しない。頼みの苫東厚真は、3機のうち2機でボイラー配管の損傷が見つかっている。残る1機はタービンで火災が発生。3機すべてが復旧するのは11月以降になる見通しだ。北電は計画停電回避のため、電力需要が大きくなる平日日中の節電を要請している。