全1217文字
PR

 産廃処理用の破砕機やクレーンを製造するウエノテックス(新潟県上越市)は、ラインの稼働状況を可視化するIoTシステムを内製し生産性を向上させた。廃棄物選別のロボットAIも開発・外販するなど、ソフト開発に力を入れる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【初割】2/15締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/15締切】月額プランが3月末まで無料!