PR
全1308文字

 東京証券取引所は2019年11月5日、「arrowhead」を刷新した。注文を受信してから応答を返すまでの時間を200マイクロ秒と5割速くした。超高速取引の増加に対応し、注文が集中しても処理性能を確保する狙いだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い