全1196文字
PR

KDDIが5G向けの低遅延クラウドを開始した。組んだ相手は米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)。KDDIの網内からAWSのクラウドサービスを提供する。

 KDDIとAWSは2020年12月16日、第5世代移動通信システム(5G)向けの新たなクラウドサービス「AWS Wavelength(ウエーブレングス)」の提供を始めた。

 AWS Wavelengthは通常のクラウドサービスよりも利用者に近い位置にある通信事業者のネットワーク内でデータを処理するサービスだ。具体的にはKDDIの5Gネットワーク内にAWSのサーバーやストレージなどを設置し、そこからAWSの各種クラウドサービスを提供する。インターネット上にあるクラウドではなく、利用者により近い場所にあるため、低遅延でのアプリケーション実行を期待できる。

 「従来のクラウドサービスはモバイル通信網(内のデータ通信)の遅延だけでなく、AWS(設備)までのインターネットの部分でも遅延が発生し、かつ遅延時間の変動も大きい」と、KDDIの丸田徹執行役員ソリューション事業本部サービス企画開発本部副本部長は話す。そのため自動運転のように、遅延が性能低下に直結する用途には適用しにくい面があった。

「AWS Wavelength」を発表するKDDIの丸田徹執行役(出所:KDDI)
「AWS Wavelength」を発表するKDDIの丸田徹執行役(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIとAWSはAWS Wavelengthにおけるデータ通信の遅延時間を明らかにしていないが、おおむね「従来の4Gで通常のクラウドに接続する場合に比べて半分程度」(同)になるという。データをリアルタイムでやり取りする必要のある遠隔手術やスマート工場、オンラインゲームなどの用途を見込む。当初は東京の5Gサービスエリアで提供し、次いで大阪に拡大する予定だ。

「MEC」が新たな競争軸に

 5Gは4Gに比べて「高速・大容量」かつ「低遅延」をうたうが、利用者が使うアプリケーションの応答速度を改善するには無線区間が4Gから5Gになるだけでは不十分だ。端末からクラウドまでのエンド・ツー・エンドで通信の遅延につながるボトルネックを解消する必要があり、それにはデータの発生源により近いネットワークの周縁部(エッジ)にコンピュータの処理能力を配置する手法が有効となる。

 こうした考え方で、通信事業者の網内にサーバーなどを配置するAWS Wavelengthのような取り組みを「MEC(マルチアクセス・エッジ・コンピューティング)」と呼ぶ。KDDIがMECでライバルのNTTドコモやソフトバンクに先んじた背景には、「5Gの時代はサービスがネットワークを選ぶようになる」(KDDIの高橋誠社長)との見通しがある。KDDIとしては「OTT(オーバー・ザ・トップ)」と呼ばれるネットサービスの価値を高める付加機能を自社網にいち早く実装し、有力なOTTプレーヤーを呼び込んで競合他社との差異化を図ろうとしているわけだ。MECは通信事業者にとって、新たな競争軸となりそうだ。