全2437文字
PR

ICT(情報通信技術)が支える新社会基盤は数々の特徴を備える。データ駆動によって人と人、人とマシンがつながる。アクセシビリティーや持続可能性が問われるようになる。

 「これから先10年の変化のドライバーは新社会基盤であり、テクノロジーそのものがドライバーであった従来よりも大きな変化を引き起こす」。

 前号本欄でこう述べた。これは日経BP総研が2019年12月末に発行した報告書『メガトレンド2020-2029 ICT融合新産業編』における前提である。同書はICT(情報通信技術)によって変わる産業群の10年後を展望したものだ。

 新社会基盤はスマートフォンとWebを介した人々のつながり、業務プロセス、発生情報が重なり合って形成される。「デジタルネイティブ(ICTが浸透済み)」な状態と呼んでもよい。

 報告書の中で新社会基盤の技術面の特徴を10点挙げた。この整理と記述は報告書の共著者、札幌スパークルの桑原里恵氏によるものである。今後10年、新社会基盤は10点の特徴をさらに磨いていく。経営者にとっては新社会基盤がもたらす可能性が重要だがIT専門家は技術側にも注意を払う必要がある。

データ駆動が人とマシンを結ぶ

 まず全体像を示す特徴が3点ある。

 1. データ駆動アーキテクチャー

 新社会基盤は人やモノの動きをリアルタイムでデータに表現し(可視化し)、データの状態から次のアクションを判断し、人やモノに通知し、全体を連携させていく。この「データ駆動アーキテクチャー」を支えるのがクラウドコンピューティングである。時差のないデータが人の動きをあたかもその場で見ているかのように再現する。

 2. 人とマシンのコラボレーション

 事業や顧客の行動履歴、ライフサイクルが可視化され、そのデータに駆動されて離れた組織や場所にいる人と人、人とモノとのシームレスな連携とオートメーションが進む。センサーが察知したモノの状態をクラウドに伝え、そこからモバイルデバイスを持つ人へアクションを促す通知を送り、さらにロボットや機器を協調させる。

 3. サービス指向とAPIインテグレーション

 システムをつなぐサービス、業務処理サービス、AIサービスなどを用意、つないで動かす。そのためにAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を使う。データ駆動とAPIの組み合わせが複数の人々や組織が協調し、バーチャルな(仮想的な)組織として動くことを可能にする。