(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

2011年3月11日午後2時46分。東北・三陸沖を震源とするマグニチュード9.0、最大震度7の巨大地震が東日本を襲った。東北や関東の沿岸部に大津波が押し寄せ、甚大な被害をもたらした。死者・行方不明者は実に2万2000人以上。建物被害は全壊・半壊合わせて40万戸以上に及んだ。東京電力福島第一原子力発電所の事故も発生し、今も4万人以上が長期の避難生活を強いられている。大規模な自然災害の発生は不可避であり、正確な予知も不可能だ。いつか必ず来る次の大規模災害。それに備えるには、日本社会が災害に対するレジリエンス(復元力)を高めるしかない。テクノロジーがそれにどう貢献しているのか。災害対策ITの最前線を紹介しよう。