全4932文字
PR

クラウドサービスには様々な種類があり、可用性は大きく異なる。可用性を重視する場合、サーバーレスと高機能なMWaaSの利用を推奨する。クラウドを類型化し、それぞれの可用性について解説する。

 クラウドサービスと一口に言っても様々な種類があり、それぞれに特徴があります。今回は、クラウドサービスの種類と可用性について説明します。

クラウドで異なる管理対象範囲

 システム構成を検討するに当たり、土台となるクラウドサービスが持っている障害復旧能力について理解する必要があります。IaaS、PaaS、SaaSというだけではなく、もっと踏み込んでクラウドサービスの障害復旧能力について理解を深めましょう。

 クラウドサービスを利用したシステムを構築するためには、クラウドサービスが持っている特性を理解し、その機能を有効活用する必要があります。一般に、クラウドサービスに管理を任せるほど可用性が向上します。ハードウエアやソフトウエアについて、どこまでを管理対象範囲とするかは、クラウドサービスによって異なります。

 オンプレミス型の場合、自社でサーバーやネットワーク機器などのハードウエアを管理する必要があります。データセンターをコロケーションサービスで利用している場合、利用者はデータセンター設備を管理する必要はありません。しかしサーバーを手配し、その場に設置し、ネットワークを敷設する必要があります。

マルチAZ構成で可用性向上

 オンプレミス型と異なり、クラウドサービスになるとハードウエアの管理が不要になります。さらに、その上でどの要素までをサービスとして利用できるかによって類型化できます。

 IaaS(Infrastructure as a Service)は、サーバーやネットワーク機器などのインフラ要素をサービスとして利用します。そのため利用者が管理するのはOS以上の要素になります。仮想マシンサービスとしてはAWSのEC2、Microsoft AzureのVM、GCP(Google Cloud Platform)のGCEが該当します。

 仮想マシンは、マシンイメージと呼ばれるOSを含むサーバー内のソフトウエア構成をデータ化したものを用意し、これをサーバー上にインスタンスとして起動します。このマシンイメージさえあれば、仮想マシンの構成が失われません。仮想インスタンスが稼働していたホストサーバーで障害が起きると、他のホストサーバーに乗り換えて同じマシンイメージがロードされ、同一IPで仮想インスタンスを再起動させることが可能です。

 さらにマルチアベイラビリティーゾーン(AZ)構成によって可用性を向上させることができます。クラウドサービスは1つのリージョンが物理的に独立した複数のAZで構成されています。仮想インスタンスを複数のAZに配置しておけばデータセンターレベルの障害が発生してもシステムを継続して稼働することが可能になります。さらにマルチリージョン構成を行えば、リージョン単位の障害が発生した場合にも対応が可能です。

データベースを提供するPaaS

 PaaS(Platform as a Service)は、幅広い意味で使われているため、より細かな分類が必要になります。広く知られているのがデータベースやシステム連携などのミドルウエアをサービスとして利用する形態でMWaaS(Middleware as a Service)と呼ばれる領域です。一般的なMySQLやPostgreSQLを利用したデータベースサービスとしては、ASのRDS 、AzureのDatabase、GCPのCloud SQLが該当します。

 データベースサービスではクラスター構成がオプションとして用意されています。これによってホストサーバーに障害が発生しても、数十秒~数分という時間でデータベースインスタンスが復旧されます。また、ポイントインタイムリカバリ(PITR)のようなバックアップが利用可能です。

 データベースサービスには、それぞれのクラウドサービスの独自機能を付与した、さらに高機能なデータベースサービスがあります。たとえばAWSのAuroraは、MySQLやPostgreSQLをベースにしていますが、基本機能として3つのAZに配備されており、フェイルオーバー、バックアップ、リードレプリカ作成など、あらゆる面で高度な機能を提供しています。

 AzureのSQL DatabaseやGCPが提供する独自データベースCloud Spannerも、同じように3つのAZを利用しています。すべてのサービスがマルチリージョンへのオプションを備えており、さらに可用性を高めることもできます。こうした高機能データベースサービスは料金が高く、独自技術によるロックインが発生します。しかし、通常のデータベースサービスを同様の構成にすることを考えれば安価であるため、利用を検討する価値があります。