(写真:村田 和聡)
(写真:村田 和聡)

損害保険の国内最大手、東京海上グループが正攻法のデジタル変革に突き進んでいる。最先端の技術やビジネスモデルを求め、グローバルに拠点網を展開。集めた知見を基に、データを徹底活用した新たな保険商品の開発に挑む。システムを適時に開発するためアジャイル手法を全面採用。組織から開発体制、基幹システムまで全ての見直しを進める。新型コロナ禍や激甚化する災害を乗り越え、損害保険の先を目指す改革の実像に迫る。