全4605文字
PR

日本人の食の変化や高齢化が背景となり、高級漬物の売れ行きがさっぱりだ。だが手間暇かかるオリジナル乳酸菌を使った漬物の味は、一定のファンを捉えている。パーパス(事業目的)を再定義して、健康食品へと価値を新たにすれば未来はある。

 「西部課長、消費が落ち込んでいる漬物事業をてこ入れするにはどのようなアイデアが必要でしょうか。当行商圏のひの上川町(ひのかみかわまち)にある漬物製造販売『ひの上川漬物本舗』の売り上げが減少しており、このままでは会社の存続が難しい状況です」

 システム企画室の岸井雄介はWeb会議システムで在宅勤務中の経営企画課長の西部和彦に話しかけた。

 「今度は漬物か。ひの上川町は江戸時代から質のいい大根、かぶ、ナス、きゅうりが採れ、漬物作りが盛んな地域だったけど、洋食化が進んで、ご飯のお供の漬物は難しいんじゃないか」

 「その通りです。ひの上川町は江戸時代から朝昼の寒暖差を利用した味のいい野菜作りが盛んで、ひの上川大根など、固有種が多く栽培されています。塩分を抑えた『さっぱり浅漬け』シリーズは大ヒットし、その後の浅漬けブームをもたらしました。それをきっかけに全国に直営店を広げ、SPA(製造小売り)の漬物事業を拡大しました。しかし、日本人の食の欧米化、特に若者の嗜好の変化によって米食が減り、その影響で漬物自体の需要が落ちています。新しい商品を企画して売り上げを増やさないといけない状況です」

 「でもな、うま味調味料を使わない本格漬物は味はいいが値段が高いし、そもそも漬物の価値を若者に訴求するのは難しいぞ」

 「課長もそう言いますか。一緒に検討している野土(のど)さんもそうなんです」

 「新規ビジネス企画課の野土千恵課長代理?」

 「そうです。野土さんに漬物作り活性化の説明をしたら、『パーパス(事業目的)の広がりがない』と言うんです」


 岸井雄介は35歳、西日本の地方銀行A銀行に入社以来システム開発に従事し、現在はシステム企画室の課長補佐である。最近A銀行が買収したFintech子会社の企画部と兼務になり、さらにグループ横断的検討プロジェクトのメンバーになった。

 西部和彦は37歳、A銀行でシステム企画を長く担当し、多くの仕事を成功させたエースで、岸井の大学の先輩でもある。出向していたITコンサルティング会社から復帰し、事業への貢献が認められ、経営企画課長に昇進した。

 岸井は現在、新規ビジネス企画課と共同で、A銀行の商圏にあるひの上川町の伝統食品である漬物の活性化企画を手掛けている。関西の地方銀行であるA銀行の商圏では近年大幅に人口が減り、地域ビジネスは縮小傾向である。

 そこで、A銀行は地域の特産品を開発し全国に供給する地域創生ビジネスを手掛けている。これまでに人工知能で育てた養殖魚、特産大豆を原料にした代用肉などをインターネットや直営の古民家レストランなどで販売するビジネスを成功させてきた。

 渓谷の景観を生かした古別荘空中カフェの運営、漆工房が下請けを脱却して独自文具をネット販売する事業、空き家を利用したグランピング場や赤字鉄道のクラウドファンディングを活用した事業拡大企画も軌道に乗せた。

 これらの事業の成功に気を良くしたひの上川町の町長は、古くから親交のあるA銀行の企画担当役員に漬物事業活性化の立案を依頼、役員は新規ビジネス企画課にプラン検討を指示した。