全4164文字
PR

データを管理するための業務をデータマネジメントと呼び、11の知識領域で構成する。その中で管理・統制する役割を担うのがデータガバナンスである。データガバナンスが働くことでDXの成果をより早く、より大きくできる。

 前回はDX(デジタル変革)でデータを活用して成果を上げるために重要となるデータ管理組織はどうあるべきかを説明しました。今回はデータ管理組織がどのようにデータマネジメントに取り組むのか、中でもデータガバナンスの重要性とその概要を解説します。

 最初に用語を整理します。データマネジメントとは、データを管理するための様々な業務を指します。例えばDXで新たにデータを蓄積・分析する場合はデータを取得するためのインターフェースや蓄積するデータベース基盤、分析システムを構築する作業が発生します。データやデータ基盤に関わる作業がデータマネジメントです。

 データマネジメントの専門家はデータマネジメントを管理・統制する活動をデータガバナンスと呼んでいます。一例を挙げると、データ蓄積の方法やデータフォーマットの統一ルール、命名の標準といった全体のルールを決め、ルールが守られているかを管理・監督することです。

図 データマネジメントの体系
図 データマネジメントの体系
データガバナンスが管理・統制する(出典:DMBOK2)
[画像のクリックで拡大表示]

 DXを加速させるには、統合され、安全で効率的に利用可能なデータとデータ基盤が必要です。データガバナンスが働くことで、データのセキュリティー、性能、開発効率性、保守性が向上し、DXの成果をより早く、より大きく獲得することにつながります。データガバナンスが働いていない場合はデータをアドホックに統合、利用するのに余計な時間がかかり、手戻りが多くなるため、DX全体の投資効果を落とす危険があります。

図 データガバナンスの重要性
図 データガバナンスの重要性
データガバナンスが働いていないと成果が小さく、より多くの時間がかかる
[画像のクリックで拡大表示]