(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

パブリッククラウドは新サービスの投入や機能強化が続いており、DevOpsやデータ分析などDX(デジタル変革)の基盤としての地位を確立しつつある。こうした中、クラウドの活用法で新たな「常識」が生まれている。軸となるのは、最新のクラウド技術でシステムをつくり変える「モダナイゼーション」だ。この手法によって、サーバーレスでの業務処理、バッチ処理の高速化、メインフレームのクラウド移行などが可能になる。新しい波に乗り、クラウドの利点を最大限に生かそう。