全2476文字
PR
[画像のクリックで拡大表示]
図 三菱ケミカルホールディングスのDX関連の取り組み
図 三菱ケミカルホールディングスのDX関連の取り組み
方法論を蓄積し意識改革につなげる
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱ケミカルホールディングス(HD)のDXへの取り組みは2017年4月に始まった。日本IBMで東京基礎研究所の所長やスマーターシティ事業の執行役員などを歴任した岩野和生氏を招き入れ、同社初のCDO(最高デジタル責任者)に任命した。

 DX推進部門の組織構築を任された岩野氏は、自身のこれまでの経歴で得た人脈を基に、精鋭と呼べる人材を三菱ケミカルHDに集めた。岩野氏は日本IBM退任後、科学技術振興機構の上席フェローや、三菱商事のビジネスサービス部門の顧問を務めるなど、IT業界以外にも幅広い人脈を持っていた。

 2020年4月から岩野氏の後任としてCDOを引き継いだ浦本直彦氏もこのときに呼ばれた1人。日本IBM東京基礎研究所で自然言語処理やWeb関連技術について研究していた人物で、現在は人工知能学会の会長を務める。2017年6月に日本IBMから三菱ケミカルHDに移籍した。

三菱ケミカルHDの浦本直彦執行役員チーフ・デジタル・オフィサー(CDO)
三菱ケミカルHDの浦本直彦執行役員チーフ・デジタル・オフィサー(CDO)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年9月に、岩野氏配下のDX推進部門として10人弱からなる「デジタルトランスフォーメーション(DX)グループ」が発足する。その過半数は岩野氏就任以降に三菱ケミカルHDに集まった人材だ。いわば「外様」の人材でDX推進部門を構成した格好である。

 DXグループの人員獲得と並行して岩野氏が進めたのが事業部門や工場の訪問だ。メンバーとともに様々な部署を毎日のように訪れては、現場の課題を聞いて回った。「事業部門からの信頼を得るのが大切だと考えた」と岩野氏は当時を振り返る。