全2066文字
PR
[画像のクリックで拡大表示]
図 日揮(当時)が策定したITグランドプラン2030
図 日揮(当時)が策定したITグランドプラン2030
10年後のあるべき姿をまとめる(出所:日揮ホールディングスの資料を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラント大手の日揮ホールディングス(HD)は2018年からトップダウンでDXを推進している。特徴は陣頭指揮を執るCDOが初期フェーズで人事部門を管轄していたことだ。最適な人材を配置したチームを機動的に組織してDXを進めた。

 日揮HDがDXに踏み出したのは経営トップの決断による。きっかけは、主要顧客である石油メジャーの幹部から言われた言葉だった。要旨はこうだ。「デジタル技術の進展により、十数年後にはプラントエンジニアリングの様相は一変しているだろう。日揮グループには柔軟に対応してもらい、進化し続けてほしい。決して(環境の変化に追従できずに絶滅した)恐竜のようにはならないでほしい」

 顧客からの期待に応えるべく、日揮(当時、現日揮HD)は2018年4月に花田琢也氏をCDOに任命。CDO配下に社内に点在していたIT部門を集約し「データインテリジェンス本部」を設置した。花田CDOは当時、人財・組織開発部長を兼務していた。これにより、機動的なDX推進体制を構築できた。CDOがデジタル部門だけではなく、人事部門も統括したケースは国内企業では珍しい。

日揮ホールディングスの花田琢也常務執行役員Chief Digital Officer(CDO)デジタル統括部長
日揮ホールディングスの花田琢也常務執行役員Chief Digital Officer(CDO)デジタル統括部長
[画像のクリックで拡大表示]

 CDOが人事部門長を兼務した効果はすぐに表れた。DXの第一歩として、約10年先を見据えた2030年までのデジタル戦略「ITグランドプラン2030」を策定したときのことだ。プランの策定チームのメンバーに最適な人材を確保できた。データインテリジェンス本部に加えて事業部門のメンバーを引き入れた。

 人選について花田CDOはこう話す。「約10年後のプランを策定するのだから、そのときに日揮グループで活躍している年代がメンバーの中心になるべきだ。このため年齢は50歳以下とした。逆に若ければ良いというわけではない。当社の業務を理解した30歳代が下限だ。しかも現状を何とか変えたいというマインドの持ち主でなければならない」。各部門から最終的に集めたのは約30人。6カ月間かけて2018年12月にITグランドプラン2030は完成した。