(イラスト:Getty Images)
(イラスト:Getty Images)

日本企業におけるIT人材の活用や雇用の制度が転換点を迎えようとしている。焦点は「ジョブ型雇用」。職種や能力、報酬をきめ細かく定め、見合った人材を募って割り当てる。人を採用してから仕事を割り当てる従来の日本企業に多い手法と大きく異なる。生産性が高まり個人の成長意欲を喚起できるはず、いや給与は下がり解雇を容易にする制度だ──。議論は百出し、実態は見えづらい。企業や個人はジョブ型雇用をどう理解し、どう向き合うべきなのか。徹底取材で解き明かす。