全1529文字

 販売ではなく消費者による「お試し」を主眼に据えた「ショールーム型店舗」について、米アマゾン・ドット・コムが興味深い動きを見せている。自社衣料品の路面店を2022年中に米ロサンゼルスに開店する計画がある一方で、2022年3月には書籍やガジェットを陳列・販売する自社店舗を全店閉鎖すると発表したのだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い