物体の立体的な形状に基づいてそれが何かを判別する「3D(3次元)画像認識」はAI(人工知能)の応用領域を広げる上で最重要の技術になりそうだ。米グーグルが2019年5月20日(米国時間)に公表した「肺がん診断AI」はその威力を世に知らしめた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い