OSS(オープンソースソフトウエア)ビジネスの潮流は「Kubernetes」によって一変した。そのことを改めて感じさせる出来事があった。OSSビジネスを営む米メソスフィアが2019年8月5日(米国時間)、社名を「D2iQ」に変更したと発表したのだ。同社はOSSである「Apache Mesos」の主要開発元であり、Mesosの商用版「Mesosphere」や「DC/OS」を販売していた。MesosやDC/OSが何なのかを分かりやすく言うと「Kubernetesのようなもの」である。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い