PR

 日本ディープラーニング協会(JDLA)が2019年7月6日に「2019年 第2回 G検定(ジェネラリスト検定)」を実施した。ディープラーニングを事業に生かすための知識を持っているかどうかを検定する試験だ。試験は自宅のパソコンを使ってオンラインで受験する。試験時間は120分で、226問の選択式の小問を解く。記者はこの試験を受験した。その顛末を紹介したい。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い