全1513文字
PR

 分業化が進んでいたランサムウエア攻撃に新たな動きが出てきた。何と、標的とした企業・組織の従業員を実行犯に仕立てるというのだ。従来の分業体制では、攻撃に必要なランサムウエアなどは、攻撃者グループが運営するクラウドサービス「RaaS(Ransomware as a Service)」が用意。企業や組織に侵入してランサムウエアをまいたりデータを盗んだりするのは、RaaSの利用者である「アフィリエイト」が担当する。被害者から得た身代金の10%から30%をRaaSが取り、残りはアフィリエイトに渡す。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)