全1578文字
PR

 部屋の天井からつるされた電球(ランプ)の振動を見て室内を盗聴する――。そんなスパイ映画顔負けの盗聴手法が2020年6月に発表された。lamp(ランプ)をmicrophone(マイクロホン)として使うので「Lamphone」と命名された。電球の微細な振動を望遠鏡で観測することで、室内で交わされる会話を離れたところからでも盗聴できるという。本当にそのようなことが可能なのだろうか。

 Lamphoneはイスラエルのネゲブ・ベン=グリオン大学とワイツマン科学研究所の研究チームが開発した。2020年8月初めにセキュリティーの国際会議「Black Hat USA 2020」で発表されて話題になった他、10月に日本で開催された「CODE BLUE 2020」でも発表された。発表者はいずれもネゲブ・ベン=グリオン大学のベン・ナッシ氏。同氏は自身のWebサイトでLamphoneの詳細を公表している。

 CODE BLUE 2020での発表やナッシ氏のWebサイト、研究論文などによると、Lamphoneの流れは次の通り。攻撃対象(被害者)の部屋の中で音声が発生すると、それにより天井からつるされた電球の表面が振動する。攻撃者(盗聴者)は望遠鏡を使って電球の光をセンサーに取り込み、その信号を元の音声に変換する。

25メートル離れた場所で盗聴

 マイクロホンを使わず間接的に盗聴する手法は以前から存在する。「ジャイロホン(Gyrophone)」「レーザーマイクロホン(Laser Microphone)」「ビジュアルマイクロホン(Visual Microphone)」の3つがよく知られている。詳細は割愛するが、Lamphoneは視覚を音声に変換するビジュアルマイクロホンの発展形といえる。ビジュアルマイクロホンは振動に反応する室内の物体を撮影し、その映像を分析する。Lamphoneは音声で振動する電球(光源)の光の変化を測定する。

 研究チームはビルの3階にあるオフィスを攻撃対象に実験した。このオフィスで流した音楽および短いスピーチがLamphoneで盗聴できるか調べた。マイクロホンになるのは、そのオフィスの天井につられた12ワットの電球である。盗聴場所はオフィスから25メートル離れた歩道橋の上。望遠鏡を設置して接眼レンズに光学センサーを取り付け、電球からの光の変化を測定。数々の補正を加えたうえで音声に変換した。なお盗聴場所では、実験中にオフィスで流した音楽や音声は聞こえなかったという。

 実験で流した音楽はザ・ビートルズの「Let It Be」とコールドプレイの「Clocks」。Lamphoneで最終的に得られた音声を音楽認識アプリ「Shazam」に聞かせたところ、いずれも正しく認識できたという。ドナルド・トランプ氏の演説のセリフ「We will make America great again!」も流した。最終的に得られた音声を米グーグルの音声認識サービスに聞かせたところ、正しく書き起こしたという。

 とはいえ今回の実験結果として示されたのは以上で、複数人による会話の盗聴などは難しかったようだ。センサーの感度や、信号を変換するアルゴリズムの精度などが不十分だったとしている。ただ、ナッシ氏は6年で技術が飛躍的に進歩する場合があると述べる。前述のビジュアルマイクロホンは2014年に発表され、6年後にLamphoneが登場。このため2026年には、実際の脅威になるLamphoneの発展形が出現しうるとしている。

 次々と登場する盗聴手法。だが一般の人は慌てる必要はない。今回挙げた盗聴手法はコストがかかりすぎるし精度にも課題がある。盗聴を恐れるなら、まずは盗聴器が仕掛けられていないか確認したほうがよい。廉価で高性能の盗聴器が多数出回っているからだ。

勝村 幸博(かつむら・ゆきひろ)
勝村 幸博(かつむら・ゆきひろ) 1997年日経BP入社。主にセキュリティーやインターネット技術に関する記事を執筆。ITpro(現日経クロステック)、日経パソコン、日経コンピュータなどを経て、現在は日経NETWORK編集