全1522文字

 隠しカメラによる盗撮が社会の脅威になっている。超小型で低価格の隠しカメラが多数販売されているためだ。レンズの直径は1~2ミリメートルと小さいので、隠しカメラが埋め込まれた物体が目の前にあっても気づきにくい。その多くは、ネット通販などで数ドルから数十ドルで購入できるという。隠しカメラを検知する専用の機器はあるものの、高価であったり有効性に制限があったりする。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い