(イラスト:今竹 智)
(イラスト:今竹 智)

本日から当面は自宅で仕事をするように──。新型コロナウイルス対策のため日本企業でこんな社内通達が相次ぎ、全社でのテレワークが始まった。ただしにわか仕込みのテレワークだけに、悪気なく「禁じ手」を繰り出す上司が少なくない。テレワークの禁じ手を解説する。

 テレワークでどれだけのパフォーマンスを発揮できるか。カギを握るのは上司によるチームマネジメントだ。

 テレワークでは電話に加えてテキストチャットやWeb会議などを駆使してコミュニケーションを取る。対面でのコミュニケーションを前提としたオフィスでのマネジメント方法をそのまま適用すると、部下の仕事を邪魔したりやる気をそいだりすることがある。上司がテレワークに合わせてマネジメントを工夫できるかどうかで、チームのパフォーマンスが大きく変わる。

 本特集ではPart1でテレワーク研修の講師を務めるITコンサルタントがテレワークの現場で実際に起きている問題を基に、上司の「禁じ手」を指摘する。さらにPart2でテレワークの経験が豊富な現場のリーダーが実践しているマネジメント方法を解説する。