(写真:Getty Images、CG:Shige)
(写真:Getty Images、CG:Shige)

金融から製造・サービス業へ、大手から中堅中小へ。PC操作を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が一段と身近な存在になりつつある。いち早く活用する企業は「面倒な単純作業」の自動化にとどまらず、営業支援や紙の書類のデータ処理、データ連携など多様な使い道を開拓している。先行企業への取材を基に、RPAを徹底的に使い倒すための勘所と注意点を48個示そう。