全6246文字
PR

 「GoToトラベルがどんな仕様に変わっても、システム面ですぐに対応できる準備は整えている」――。星野リゾートの藤井崇介情報システムグループエンジニアチームリーダーはこう力を込める。2021年5月、同社は新型コロナウイルスの感染拡大でいったん停止したGoToトラベルの再開を見据え、予約サイトを新たな仕様に対応させるための準備を進めている。「複数のパターンを想定して備えており、要件が確定し次第、エンジニア総出で一気に開発する」(藤井リーダー)。

星野リゾートが開発したGoToトラベル予約サイト
星野リゾートが開発したGoToトラベル予約サイト
[画像のクリックで拡大表示]
図 GoToトラベル対応の体制
図 GoToトラベル対応の体制
プロダクトオーナーを中心に(写真提供:星野リゾート(人物))
[画像のクリックで拡大表示]

 星野リゾートが「すぐに対応できる」と自信を見せるのには訳がある。同社情報システムグループがここ3年で着々と培ってきたシステム開発の「内製力」があるためだ。GoToトラベルが始動した2020年7月には、わずか2週間で対応予約サイトを立ち上げた。

図 GoToトラベル対応のスケジュール
図 GoToトラベル対応のスケジュール
国の方針をにらみつつ開発
[画像のクリックで拡大表示]

 同社内製組織による開発劇の始まりは、旅行需要の喚起を狙って政府がGoToトラベルの施策を発表した2020年4月に遡る。「当時、旅行会社だけでなく事業会社の自社サイトでの予約も補助の対象になると噂されていた。予約の約6割が自社サイト経由の当社にとっては、何としてもシステムを対応させる必要があった」(藤井リーダー)。