(イラスト:Getty Images)
(イラスト:Getty Images)

検索エンジンのバイドゥ(Baidu)、ECサイトのアリババ集団(Alibaba)、ネットサービスのテンセント(Tencent)、通信機器メーカーのファーウェイ(HUAWEI)。4社は「BATH(バス)」と呼ばれ、各分野の中国最大手としてIT産業を強力にけん引してきた。しかし中国経済の減速や米国との貿易摩擦、当局の規制強化などを受け各社の事業は転換期を迎えている。4社の成長戦略は日本企業にとっても無縁ではない。各社の最新動向を追った。