ビックカメラは店舗とオンラインを融合させたデジタル変革を急ぐ(写真:村田 和聡)
ビックカメラは店舗とオンラインを融合させたデジタル変革を急ぐ(写真:村田 和聡)

聖域なき事業改革へ――。ビックカメラが木村一義社長の下、既存ビジネスの枠を超えた改革に乗り出している。SPA(製造小売り)化、事業領域の拡大、スタートアップとの提携、総額100億円規模のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の設立……。多岐にわたる改革の中でも現在とりわけ重視するのが、デジタル変革だ。2022年1月、経営企画直下に既存のシステム部門を統合した「デジタル戦略部」を発足させ、外部からITのプロ人材を続々と招いている。2022年6月13日にはAWSおよびセールスフォースとの提携を発表したほか、同年夏にはITエンジニア雇用の新会社を立ち上げ、本格的なシステム内製に乗り出す。木村社長が描く「ビックDX」に迫る。