(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

コードをなるべく書かない「ローコード開発」がアフターコロナのニューノーマル(新常態)として浸透しつつある。国内で「超高速開発」として続いていたムーブメントは、海外に目を向ければマイクロソフトやAWSも参入する一大市場となった。製品は磨かれ、クラウド上の「自動化工場」から生み出されるアプリケーションの品質はもはやスクラッチを超えている。既に先進企業はローコードによる内製の体制を構築済みで、コロナ禍に対処するシステムを素早く作り上げた。デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速するなか、高速開発へのニーズはますます高まる。先進7社の取り組みをひもとき、水面下で進むローコード革命の実相を明らかにする。