全6286文字
PR

デジタルビジネスをけん引するITだけでDXは成り立たない。損害保険ジャパンが挑んだのは全社規模のDXを後押しする基幹システムの刷新だ。2000億円を投じて複雑怪奇なシステムをシンプルにし、機動力を高める工夫を尽くした。

図 損保ジャパンが基幹システムの全面刷新に踏み切った背景課題
図 損保ジャパンが基幹システムの全面刷新に踏み切った背景課題
デジタルトランスフォーメーションの「崖」に直面(写真:Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 「先を見通せないVUCA(変動性・不確実性・複雑性・曖昧性、ブーカ)の時代を生き抜くために一からつくり直した」。損害保険ジャパンのITを統括する浦川伸一取締役専務執行役員は、2021年3月に稼働させた新基幹システムの意義をこう強調する。

 少子高齢化で人口減が進むなか、自動車保険販売に直接影響する自動車保有台数も頭打ちになるなど、成熟と縮小の一途をたどる日本の損保市場。新型コロナ禍や激甚災害の増大を踏まえたニューノーマル(新常態)時代が到来し、自動運転やAI(人工知能)などの技術革新も相まって、既存のビジネスモデルは時を追うごとにきしみを増す。対応を誤ればメガ損保ですら生き残れない可能性がある──。そうした「不都合」な未来に対する閉塞感が今、損保業界全体を覆っている。

 SOMPOホールディングス(HD)の中核子会社で、2014年9月に旧損保ジャパンと旧日本興亜損害保険が合併して発足した損保ジャパン。閉塞感を破り成長を持続させようと、デジタルの力を借り攻勢に出た。

 目玉の1つが、実に34年ぶりとなる基幹システムの全面再構築だ。柔軟性や拡張性を確保し、商品開発スピードの向上や外部システムとの連携強化を目指した新基幹システム「SOMPO-MIRAI」を本稼働させた。

図 損害保険ジャパンが開発した新基幹システム「SOMPO-MIRAI」の概要
図 損害保険ジャパンが開発した新基幹システム「SOMPO-MIRAI」の概要
モノリシックからマイクロサービスに全面刷新(出所:損害保険ジャパンなどへの取材を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]