(イラスト:Getty Images)
(イラスト:Getty Images)

自動運転が活躍する舞台は、都市や郊外の公道だけではない。へき地、農地、商業施設、そして原子力発電所の構内―。多彩なフィールドで実用化に向けた挑戦が始まっている。自家用車より一足先に自動運転技術の真価を発揮できるのは、特定領域での用途に特化した「はたらく車」だ。東京電力ホールディングスやJR東日本、井関農機、クボタ、三菱地所、相鉄グループなどにおける、技術開発の最新の取り組みに迫る。