全6908文字
PR

業種やシステム規模を問わずマイクロサービスの事例が増え、続々と成果を上げている。三越伊勢丹はマイクロサービスによって1年半で100回を超える変更・リリースを実現した。JCBやDeNA、オイシックス・ラ・大地の取り組みも解説する。

三越伊勢丹
DevOpsの基盤整備 1年半で100回超リリース

 三越伊勢丹はここ数年、デジタルサービスへの取り組みを加速させてきた。2019年8月に始めた靴の個別フィッティングサービス「YourFIT365」を皮切りに、さまざまな新サービスをクラウドで開発し提供してきた。

 こうした新サービスに共通するのが、機能改善や顧客要望による頻繁な変更要求。それに応えられる設計手法がマイクロサービスアーキテクチャーだ。三越伊勢丹のDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトに参画する、アイムデジタルラボの鈴木雄介取締役はマイクロサービスの採用理由を「モノリスなつくりでは一部の機能変更がシステム全体に影響する可能性がある。影響調査やリグレッションテスト、リリース日程調整などに時間がかかる」と説明する。一方、機能を疎結合で用いるマイクロサービスであれば、変更作業が迅速にできるので頻度を高めやすい。

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応して2020年11月に始めた顧客サービス「三越伊勢丹リモートショッピング」は、顧客がスマートフォンの専用アプリを使い、三越伊勢丹の売り場にいる販売員とテキストチャットやビデオ通話によってコミュニケーションするサービスだ。予約系、リモート接客系、決済系などの機能に分けて実装し、それらをAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)やイベントで連携させる。

図 三越伊勢丹リモートショッピングのシステム概要
図 三越伊勢丹リモートショッピングのシステム概要
機能を分けて疎結合に連携(出所:三越伊勢丹の資料を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]
リモート接客の様子(画像提供:三越伊勢丹)
リモート接客の様子(画像提供:三越伊勢丹)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス開始以来、予約システムを追加したり、マスターメンテナンスに合わせて小さな変更を行ったり、さまざまな変更要求が寄せられてきた。そのボリュームは「1年半でタスク管理チケットは7000枚、リリース回数は100回を超える」(鈴木取締役)。

分散トレーシングで問題分析

 マイクロサービス活用の前提として鈴木取締役が挙げるのがDevOpsの推進だ。DevOps基盤として、Amazon Web Services(AWS)上にCI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)パイプラインやコンテナの利用環境を整備。IaC(インフラストラクチャー・アズ・コード)の推進により開発チームがインフラを変更できるようになり、マイクロサービスの利点を享受できたという。

 マイクロサービスの導入により、機能やデータベースが従来型システムに比べ細分化する。こうした分散システム環境の運用も課題の1つだ。三越伊勢丹は米ニューレリックの分散トレーシングツール「New Relic」を導入し、運用改善などに生かしている。

 New Relicが用意するテンプレートを使い、外部通信やデータベースへの書き込みなどをトレースしている。何か障害が発生した際はトレースを見て、どこに問題があるかを調査する。

 また週次ミーティングではNew Relicのグラフを調べ、いつもと異なる動きの有無を確認する。そうした動きがあると、各システムの担当者がグラフを見て相談し原因を突き止める。「SQLが遅ければ改善し、別システムのバッチ処理による影響で遅いなら処理時間帯を変えるなど運用改善につなげている」(鈴木取締役)。