(写真背景:Getty Images)
(写真背景:Getty Images)

システムは人が開発・運用するものなのだから、ソフトウエアのバグやハードウエアの故障、オペレーションミスなどは避けられない。しかし、みずほ銀行が2021年2~3月に起こしたシステム障害では、通常の組織では起こり得ないような問題が多数発生したことによって、小さなトラブルを起点とするシステム障害が、顧客に大きな影響を与えていた。なぜ、みずほ銀行は10年ごとに大規模システム障害を起こすのか。技術と組織の問題の両面から、その真因に迫る。