全6805文字
PR

みずほ銀行で2021年2~3月にかけて、2週間で4件のシステム障害が発生した。起点は小さなトラブルだったが、金融機関ではあり得ない問題が次々に生じ、被害を広げた。問題点は35件。その中には過去の大規模システム障害でも見られたものがあった。

記者会見で謝罪するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(左)とみずほ銀行の藤原弘治頭取(右)
記者会見で謝罪するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(左)とみずほ銀行の藤原弘治頭取(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 4件のシステム障害は、いずれも2019年7月に本格稼働した勘定系システム「MINORI」で発生した。

 2021年2月28日にはMINORIの「定期性預金システム」でデータベース(DB)が更新不能になったことをきっかけに、ピーク時には自行ATMの7割超に相当する4318台が一時停止し、ATMが通帳やキャッシュカードを取り込むトラブルが5244件発生した。

 3月3日にはネットワーク機器の故障がきっかけで通信が不安定になり、ATMが通帳やカードを取り込むトラブルが29件発生した。

 3月7日にはカードローン商品に関するプログラムのバグによって、定期性預金口座へ入金するバッチ処理(集中記帳処理)でエラーが発生し、24件の入金が不成立になった。

 3月11~12日にはストレージ装置内の通信制御装置が故障したことによって、外貨建て送金などに関する夜間バッチ処理が遅れた結果、国内他行向け仕向け送金263件が当日中の期限に間に合わなかったほか、外為被仕向け送金の入金案内処理761件が当日中に完了できなかった。

表 みずほ銀行で2021年2~3月に発生したシステム障害
ATMのカード取り込みや他行向け送金遅れなどが発生
表 みずほ銀行で2021年2~3月に発生したシステム障害
[画像のクリックで拡大表示]

10年前、20年前の反省を生かせず

 これらの障害はいずれも、システムの設定に関する見落としやプログラムのバグ、ハードの故障といった、避けがたい小さなトラブルが起点となった。しかしみずほフィナンシャルグループ(FG)が設置した「システム障害特別調査委員会(第三者委員会)」の報告書を精査すると、預金・融資・決済という社会インフラを担う金融機関ではあり得ないような問題が35件存在していたことが分かった。

 みずほ銀行は2002年、2011年にも大規模なシステム障害を起こしている。大規模障害を反省し、勘定系システムを全面刷新したにもかかわらず、組織的な問題点は解消できないままだった。第三者委員会は「過去指摘された問題が依然存続していると考えられる」と厳しく指摘する。今回のシステム障害を時系列で振り返りながら、35の問題点を明らかにしていこう。